メニュー
  
介護士の仕事内容
  
介護士による医療行為
  
男女比は
  
中卒でもなれる?
  
介護用エプロン
  
公務員の介護士
  
           
 
   

介護士とはどのような仕事を行うのでしょうか。

介護士とはどのような職業なのか知っているでしょうか。介護士とは施設などにおいて利用者に対する介護を行う仕事になります。対象者は高齢者や障害者ですが、現在では高齢化社会となり、高齢者に対する仕事が多くなってきています。では、介護士とは具体的にどのような仕事をしているのか説明します。日常生活で重要な動作には食事、入浴、排泄、整容、移動などがあげられます。これらの日常生活動作の介助が主な仕事になります。食事においては手が自由に使えない人や飲み込みが上手でない利用者に対して、食事介助を行います。入浴では転倒がないようにし、一般の浴槽での入浴が難しい人には特殊浴槽を使用して入浴してもらったりします。排泄では動作の中で転倒がないように見守りや介助を行ったり、オムツの定期的に交換を行い、清潔を保つようにします。他にも着替えや歯磨き、洗顔などの整容動作やベッドからの起き上がりや車椅子への移乗、病室から食堂までの移動の介助などを行います。

介護士になるにはどうすればいいのでしょうか

現在では正規での就職が難しい状況にあります。しかし、介護の現場では職員が不足している状態にあり、正社員としての就職も難しいものではありません。では、介護士になるにはどうすればいいのでしょうか。介護士になるには初任者研修というものを最初に受ける必要があります。介護の仕事を行う際に資格は必要ありませんが、基本的な技術がわかっていないと安全な介護は行うことができません。そのために行われるのが初任者研修です。研修を終了すれば仕事を行うことが可能です。求人情報などから施設での就職先を探します。面接などを経て雇ってもらうことができれば、介護士として仕事が行えるようになります。最初は職場の先輩からの指導を受けながらの仕事となります。初任者研修で習ったことは最低限のことであり、まだまだ技術的にも経験的にも一人で仕事を行えるレベルではありません。職場の先輩に教わりながら、一人でも責任ある仕事ができるように成長していく必要があります。介護士になるには初任者研修を受け、施設に採用してもらうというのが基本的な流れです。ブランクナースから介護士になった人も私は知っています。

介護士の仕事には資格が必要なのでしょうか

介護士の仕事を行うためには特別な資格が必要となるのでしょうか。答えをいうと特別に取得する必要はありません。しかし、実際には介護方法などをある程度わかっていないと現場で仕事を行うことができません。そのため、多くの場合は初任者研修という研修をまず受けて施設などに就職することとなります。施設の募集にも初任者研修を終了していることなどが条件として書かれている場合が多いです。初任者研修を終了すると証明書をもらうことができますが、資格がもらえるというわけではありません。介護士に関係する資格としては介護福祉士があります。介護福祉士は専門の養成学校を卒業するか、実務経験をへた後に研修を受けることによって取得することが可能です。施設には施設基準というものがあり、介護福祉士を一定の人数以上雇用する必要があるため、施設には非常に喜ばれます。また勉強をする過程において介護の専門的な知識を得ることができるため、よりより介護を行える介護士になることができます。

介護士の給料はどれくらいもらえるのでしょうか

介護士の待遇に関して世間の人々が持っている印象はあまり良いものではないかもしれません。実際に介護士の仕事は高い給料が望めるものではありません。その理由は社会奉仕的な仕事であるということと、施設における報酬は介護保険などの保険制度によって定められているものであり、大きな収入を見込むことが難しいからです。国の財政的にも苦しい状況であり、今後も高齢者が増えていくことを考えると高い給料を望むことは、難しいといえるかもしれません。しかし、現在では介護士の不足が問題となってきており、待遇を良くして人材を集めたいと考える施設もありますし、国においても待遇の低さを問題視し、制度改正によって待遇が改善されるような施策も行われてきています。また、介護士の仕事は資格を取得することによってキャリアアップすることも可能であり、役職がつくことによって給料面も優遇されるようになります。また夜勤もある仕事のため各種の手当にも期待できます。

Copyright (C) 2015 介護士になるには資格はいるの?給料はいくら?疑問を解決! All rights reserved.
seoリンクrandazza.me復活愛ルイボスティー童話集